辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

症状で見る心の病気

現代社会には、種々の問題があります。
特に、経済が成熟したと言える社会では、それまでになかった問題があるとも言えるでしょう。
たとえば、生活習慣病を挙げることができます。
その名の通り、生活のあり方と換気している病気であり、肥満や糖尿病などが典型的なものです。
しかし、がん、心臓疾患、脳卒中なども含まれ、死亡原因の上位に位置するものも含まれるようです。
生活は、プライベートものが色濃く反映されますが、もしかしたら、個人主義が浸透した現在でも、社会との関わりが非常に強くなっているのかもしれません。
また、体の病気ばかりでなく、心の病気についても、現代社会では深刻であるようです。
日本では、自殺者の数が世界でも上位に入り、経済力衰退との関係も取り沙汰されています。
これを日本の文化によって、説明することもできますが、先進国でも自殺者が多数に及んでいる以上、文化面だけの問題ではないかもしれません。
すべての人が心の病気のために、自ら命を断つ訳ではないのでしょうが、近年、ニューストピックともなっているうつ病が、自殺を促してしまうこともあります。
もっとも、うつ病は、単に憂鬱である時ばかりでなく、異常に心が晴れやかになる状態をも招くようです。
躁病とも名付けられていますが、それらを総称し、躁鬱病とも言われています。
どちらも、特殊な環境下にいる人ばかりでなく、一般のサラリーマンでも罹患します。
最近では、企業でも独自の相談窓口を設け、心の病に対応しようとしています。
かつては、心の病と言えば、当の個人が怖いから、あるいは、軽度であろうと重度であろうと狂人と呼ぶ傾向がありました。
しかし、精神科医の努力などにより、徐々に偏見が解消されていることは間違いありません。
同時に、人がいかに心を元に生活をしているのかを垣間見ることができます。
自分は、そういうものに関係ない、と思っている人も、何らかの拍子で罹患するのが、心の病でもあるようです。
これは、ある意味、ガンにも似たものであり、罹患して初めて、そのつらさを理解する可能性があります。
心の病気の辛い点は、肉体に罹患があると感じながらも、通常の治療では改善しない点です。
灯台下暗しという言葉がありますが、心の病ほど、それが顕著なものはないかもしれません。
そのため、精神科などを受診せず、方々を回ってようやく受診する患者も多いようです。
むしろ、それだけデリケートでありながらも、社会で考えるべき問題でもあるのでしょう。
それを象徴するかのように、厚生労働省では、厚生労働省みんなのメンタルヘルスというコンテンツをホームページで公開しています。
自分で気づくには、自覚が大事であることは言うまでもなく、それには、症状を把握しておくことが、大切になるでしょう。
このサイトでは、そんな趣旨に基づき、症状から見た心の病について、述べています。
症状からどのような病気が関係しているかを解説しています。
Search


Copyright (C)2016辛い症状改善したい!お勧めしたい健康生活.All rights reserved.